山茶花梅雨


昨夜からの 

さざんかの花が咲く時期の長雨を「山茶花梅雨」と云うそうです。

画像


画像



ところで

~さざんかさざんか咲いた道、たき火だたき火だ落ち葉たき~

この童謡、誰でも一度は口ずさんだことがあるのではないでしょうか。

丈夫な枝や幹にたくさんの水分が含まれているため燃えにくく

家の周りに植えて火災を防ぐ防火樹(ぼうかじゅ)なんだそうです。


さざんかは沖縄や奄美、九州、四国などの温暖な地域に自生している

ツバキ科の植物で

もともとは白い花を咲かせますが

江戸時代からの品種改良によって、赤紫色や桃色などの色が増えたとか。

よく似ているヤブ椿との違いは・・・

画像


さざんかの花びらを散らす冷たい長雨は

本格的な寒い冬の訪れを知らせてくれるようです。

画像


画像


別府公園にはたくさんの山茶花が植えられてます。



この記事へのコメント

popo
2014年11月26日 00:54
24日は予想が外れ快晴で51名の楽しいバスツアーでした。岡城や小富士神社の紅葉は最高でした。田能村竹田の植えたと云われる旧児玉亭の唐椿も見てきました。庭は荒れていました。山茶花の開花は11月から2月、椿は2月から4月と云われているのに唐椿の奥にすでに藪椿が咲いていました。