健康野菜・アピオス


最近テレビで紹介されていて、気になっていた野菜「アピオス」

たまたま頂いたので食べてみました

美味し~い!

大分で栽培されていることを知りませんでしたが、山香のJAで販売されているとのこと

popoさんが山香方面に行かれるようなので、買ってきていただきました。

画像


ところでアピオスってどんな野菜?

アピオスは北アメリカ北西部原産地とされるマメ科のつる性植物で、肥大した根茎を食べます。

この根茎は、根が伸びている合間合間に数珠のように連なって出来き

画像

この肥大した部分はサツマイモなどと同じように翌年種芋としてここから発芽します。

日本には明治時代にリンゴの苗木をアメリカから輸入した際その土に混じってはいってきたようで

青森県では帰化した状態で、「ほどいも」と呼ばれ定着しています。


アピオスはとても高い栄養価を含んでいます。

アピオスをジャガイモと比べると,カルシウムが30倍,鉄分が4倍,繊維が5倍,
タンパク質が6倍,エネルギーが2.5倍,これに加えてビタミンEを含んでいます。

そしてその効能は

●慢性の便秘
●新陳代謝
●高血圧
●アトピー,花粉症などアレルギー
●ニキビ,肌荒れ
●前立腺肥大
●肝臓疾患
●肥満や糖尿病
●虚脱体質
●産前・産後の体力回復
●腰痛
●抗HIV(エイズウイルス原因)


さて、アピオスのお味は・・・

ジャガイモとサトイモを足して割ったようなイメージで、栗の感じもあります。

基本的には皮付きのまま調理し、塩ゆで、焼き物、揚げ物、煮物・・・

私は茹でて塩を付けていただきました。

画像


つる性植物で小芋が土のなかで育ち、花は芳香のある紫色の花を咲かせます。

つるは2.5mほどに伸び、緑のカーテンに向きます

画像



世界三大健康野菜の1つアピオス

アピオスの塊根の栄養成分の高さが注目されていますが

実は花にも様々な成分があると期待されていて、ハーブティーのように飲まれているようです


ちなみに他の三大健康野菜は菊芋とヤーコンだそうです。

この記事へのコメント