映画「レ・ミゼラブル」を観ました


やっと昨日、レ・ミゼラブルを観てきました。
画像


思っていた通り
見ごたえある素晴らしいミュージカル映画でした!

オープニングから度肝を抜かれるスケールの大きさ・・・

そして全編の映像の美しさは

舞台では決して味わうことができないことです。


ヴィクトル・ユーゴの小説ではなく、キャメロン・マッキントッシュが制作したミュージカルの映画化は

役者さんたちが生声でその場で歌っています!

YouTubeに撮影現場の様子が出ていますよ。


ミュージカルの経験があるヒュー・ジャックマンはもちろんのこと
画像


経験のない「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイや「マンマ・ミーア」のアマンダ・セイフライドの歌の上手さにびっくりしました。
画像
            実際に自分の髪を切られています

画像


バンドのヴォーカルをしていたらしいラッセル・クロウの歌はいまいちでしたが

難しい役どころを見事に演じていたのはさすがです。


上映時間が158分という長い映画なのに

感動が途切れることなく観終わりました。

特にサマンサ・バークスのエポニーヌ(舞台と同じ)が歌う「オン・マイ・オウン」は圧巻でした

もちろん涙・涙・・・

映画館を出る時はちょっと恥ずかしかったですね。

作品賞は無理かもしれないけれど
主演男優賞か助演女優賞でアカデミー賞をとってほしいなあ~



この記事へのコメント